YasunagaYasunaga Recruiting Site お問い合わせ企業ホームページへ サイトマップ
会社概要 仕事紹介 社員紹介 教育制度 求める人材像 新卒採用 キャリア採用
最適至上主義
社員ホンネアンケート

自動車関係の仕事がしたかったこと、
なおかつ関西近辺で就職したかったことから。

会社というものは実際入社してみないと分からないし、
自分の好きなモノづくりという気持ちに答えてくれると信じて入社しました。

車が好きなので、自動車部品の製造をしていることに興味を持ちました。他にもクラブ活動ができることや実家から通勤できる地元の企業であることも選んだ理由です。

もともと車に興味があり、安永が主としてエンジン部品の製造をしていたのが第一の理由。さらに、設備側から自社製品を盛り込み、部品加工のみならずラインの基礎から製作・加工しているところに惹かれた。また、地域に密着していることから会社自体の雰囲気が柔らかく、過ごしやすい環境であると思ったから。

断片的な仕事ではなく、最初から最後まで任せられるやりがいのある仕事ができそうだったから。会社全体の雰囲気がアットホームで、良い環境でのびのびと仕事ができると思ったから。

モノづくりが好きで、それに携わることができ、また小さい時から住んでいる伊賀の町で仕事がしたかったから。それに、説明会・面接の時の人事の方の対応もよく、上手く緊張がほどけ、雰囲気のいい会社と思ったからです。

実際に自分たちの作った大きい機械(約4m)が動くところを見れるのが面白いと思い、入社した。

時間管理ができるようになったこと。昔は気の向くままに日々を過ごしていたが、入社後は仕事中はもちろん、休日でも前日から予定を考えて行動するようになった。

幅広い年齢層の人との繋がりや付き合い、そして組織の中で行動するということで、入社してから自分(考え方)そのものが学生時代とは変わったと感じています。

休日を大切にするようになった 。学生時代は昼過ぎまで寝ていたが、社会人になってからは朝起きてなるべく外出するようにしている。

父親によく仕事の相談するようになったことと、太ったこと。

マイカー通勤になったため、自転車に乗らなくなりました。

学生時代とは違い、毎日仕事をするので体調に気を使うようになりました。自己管理、金銭管理など学生の頃は意識しなかった事ができるようになりました。

責任感が人一倍強くなった。組織の中の一人として自分が失敗をすれば周りに迷惑がかかる事を実感するため、常に何をしなければならないかを考えて行動している。

自由な時間をいかに効率良く使うかと言う事に心掛ける様になりました。また、会社に損害が生じてしまう事がないように、やはり責任感を学生の時より強く感じる様になりました。

睡眠時間が少ないと翌日の仕事が非常に辛くなるので、早寝早起きの大切さを身をもって知った。

車に興味が出るようになりました。以前は車にはあまり興味が無く、友達と車について話したりする事が無かったけれど、エンジン部品事業に携わる事で興味が沸き、友達とも話をするようになりました。また、自動車事業に関する新聞記事も見るようになりました。

協力会社へFAXを送ったが、相手方の名前を上司から口頭で聞いただけだったため、漢字を間違えてしまった。当時は面識もなく、たいへん失礼なことをしてしまい、冷汗モノでした。

客先から支給された大切なものを自分の不注意で落としてしまい、壊したこと。

宴会がすごかった

客先立会いで海外のクライアントに英語でスペルミスを指摘されて、パニックになったこと。

ラインにある加工中の機械を調査している時に、誤ってブレーカーを落として機械を止めてしまった事。すぐに現場の方が復帰してくれたので良かったですが、あの時の瞬間は忘れられません。

初めて自分宛に電話がかかってきた時の緊張感は忘れられません。

上司から「これだけは覚えておけ!」と言われたことを、忘れていて怒られたことです。「これは前に言ったから1人で出来るなぁ!任せたぞ!」と言われて、1人にされると覚えたつもりになっていたことが全くと言っていいほど覚えていなかった。それからは、覚えたつもりにならない様に極力メモを取るよう心掛けています。

思っていたより、自分で考えて仕事をする(行動する)ことが難しいこと。

みんな結構やさしい

上司や社内(現場)がフレンドリーで、遊びまでも一緒にするということが、入社前では考えられなかった。

もう少し下積みを経てから機械の担当に付くと思っていたが、かなり早い時期から担当を持たされたこと。

先輩社員や上司は皆オンオフのスイッチが上手い。仕事の時はキビキビしていて取っ付きにくい人でも、飲み会の席では一緒にワイワイ騒いでいる。辛い事もあるけれど、そのスイッチの切り替えが仕事も私生活も満喫できる秘訣だと思った。

若い人で結婚している人が意外に多いと思いました。また、若いけれど1人で仕事を任されている人も多いです。若者が頑張ってる会社だと思いました。

毎朝ラジオ体操から始まること(結構クセになる)。

家族とのんびり過ごしています。

冬は基本的にスノーボードです。土日が休みの時は、基本的に雪山に行っています。

ブックオフ、ゲオ、TSUTAYAの堂々巡り

金曜夜〜土曜日にかけて遊び、日曜日には平日サボっている家事を頑張っています

ゆっくり過ごしています。最近は、「サザエさん症候群」になっています。

ソフトバレーの大会に参加しています。

入社した4月から毎週一度も欠かさず実家(大阪)の方へ帰っており、日曜日はだいたい父親と趣味のラジコンヘリを飛ばしに行っています。連休になれば、よく大学の友達と四国めぐりなど長距離ドライブをしています。

家でゆっくりしていることが多い。自分が小さかった頃の父の休日の気持ちが今になってわかった

最近は古着や雑貨などを買いに大阪、京都、名古屋などに遊びに行っています。お香を焚きながら音楽を聴く休日の過ごし方も好きです。

自宅でインターネットゲームにハマっています。見知らぬ人とインターネットを通じてお話しするのは意外と楽しいです。また、友人と買い物に出かけたり、食事する機会が増えました。地元に帰って来た事で、仲の良い友達と会える機会が増えたからだと思います。

社会人になるとなかなか長期の休みが取れないため、海外旅行をもっとしておきたかった。また、仕事をする中で資格取得の機会もあるが、学生時代から勉強して、前もって取っておけば良かったとも思う。

学生時代は十分に遊んだので、あとは、英会話の勉強をしておけば良かったと思います。仕事の場で英語を駆使している人を見ると、やっぱり憧れます。

もっと勉強しておけばよかった。会社では学校の勉強が役に立たない…なんてウソです

出会いの機会が学生時代よりも明らかに減るので、入社前に恋人を作っておくことがベター

学生と社会人とでは時間軸が全然違うと言えるので、自由な時間があるうちにアルバイトや遊びなど様々なことを経験し、これからの社会人生活の指標をしっかり作っておくことをお勧めします。

今思えば、大学で部活をしておけば良かったと思います。